【重要】8月1日開催における体制変更について

イベント開催における感染予防対策について

静岡アナログゲーム祭り開催にあたり、念入りに感染症予防の対策を行って参りました。
しかしながら、ここ数日の感染拡大を鑑み、より一層の対策が必要との判断となりました。
そのため、開催間際となりましたが、追加の感染対策を行わせていただきます。
従来からの対策も含め、改めて記載させていただきますので、会場へとご来場の方はどなたも、必ずご確認くださいますようお願いいたします。

Contents

会場設営

会場への入場口を専用入場口に

藤枝市文化センターは、市役所の出張所としての窓口機能を有しております。
窓口利用の方との接触を最大限避けるため、入口をわけることとなりました。
下記画像を参照し、専用入口よりご入場下さい。

扉開放による換気の徹底

住宅へと隣接した扉を除き、解放可能な扉を全て常時開放します。
また、エアコンも全稼働し、会場内の空気の対流を作ります。
これにより、常に会場内の空気が入れ替わるような換気を行います。
なお、扉の開放により、エアコンを稼働していても、会場内は高温となることが想定されます。
各自、熱中症には充分ご注意いただき、必要に併せて会場外の広いところでの休憩、水分補給などをお願いします。

会場出口の変更

文化センターロビーとの扉を出入口としておりましたが、こちらは入口として統一させていただきます。
出入口での交錯を防ぐことが目的です。
出口は駐車場に面した扉のみとさせていただきます。
お手洗いなどをご利用の方も、出口より退出し、再入場をお願いします。

アルコール消毒の実施

受付ならびに会場内の共用部分については、定期的にアルコール消毒を実施します。

運営スタッフについて

最少人員での運営

運営スタッフこそ、長時間会場内で活動する、もっともリスクの高い人であると考えられます。
そのため、参加する運営スタッフは必要最小限とさせていただきます。
お問い合わせやご案内などでお待たせすることがあると思いますが、ご容赦ください。

声かけ、接近を最小限に

距離を保つため、受付対応は全て、テーブル越しにて行わせていただきます。
また、会話を最小限とするため、プリントの掲載を中心としたご案内をいたします。
愛想が悪いわけではないことをご理解ください。

ブース設営

ブース配置の工夫ならびにパーティションの活用

ブース配置を一直線ではなく斜めにすることで、距離の確保ならびに飛沫拡散の防止を行います。
また、ブース間など各所にパーティションを設置することで、より一層の対策を行います。
パーティションにより見通しの悪くなるブースがありますが、ご容赦願います。

全ブース透明フィルムによるビニールカーテンの設置

全ブースに、透明フィルムを利用したビニールカーテンを設置します。
ビニールカーテンの設置は、ちょうど顔の高さとなる、高さ130cmから180cmの位置となります。
なお、薄手のフィルムを使用するため。しわになりやすく視界が明瞭ではない可能性があります。
出展者の方は、180cm以上の長さのフィルムをお持ちいただくことで、ご随意のフィルムへと張り替えることもできます。

展示・販売・購入時の決まり事

ディスプレイの工夫をお願いします

販売用の作品を不特定多数の方が触らないよう、ディスプレイの工夫をお願いします。
テーブルにはサンプルのみを設置し、販売物はバックヤードより取り出すなどの方法があります。

接客、販売はブース内で

接客は必ずブース内にてお願いします。
テーブルは奥行き60cmあります。
テーブルを挟むことで距離を確保し、かつビニールカーテンを経由することで、より一層の案全を確保します。

接客は短時間で

15分以上の接触が濃厚接触として定義されています。
長時間の接客はリスクの増大と判断し、短時間での接客をお願いします。

ビニール手袋の活用

マスクを着用していても、口鼻を触ることで汚染している可能性があります。
手洗い、アルコール消毒も万能ではありません。
過度な消毒による手荒れが感染リスクを増大させるとも言われています。
その為、全ブースに使い捨てのビニール手袋を用意しました。
サンプルを触る時や、商品の受け渡し時など、積極的にご利用ください。

金銭の授受はトレイを活用

手渡しでの金銭の授受は、接触の機会となる他、距離を詰める行為にもなります。
金銭の授受は原則としてトレイを利用することとします。
トレイは各出展者にてご用意ください。
ご用意できなかった方は、受付までご相談ください。

並ぶのは1人まで、ブース前に密集しない

ブース前に立つ人数は、1スペース(’テーブル半分)に付き1名まででお願いします。
各ブースの1メートル後方にテープによるラインを用意します。
並ぶのはそのラインに1人のみとし、すでに並んでいる人が居た場合、整列はせずに散らばって下さい。

全員共通

体調が悪かったら参加しない

少しでも体調の異変を感じたら、参加をご辞退ください。

不安が大きいときには参加しない

充分な対策を行っておりますが、それでも不安を感じられる方は、参加をご辞退ください。
過度の不安の中では楽しむことはできませんし、不安は身体の抵抗力を大きく低下させます。
安心できるようになってから、改めてご参加いただけると幸いです。

感染流行地域からの参加の再考を

各種イベントが中止となり、また夏休み期間を前として夏以降のイベントも再び中止が続いております。
そのため、欲求不満の解消どころがないことは想像に難くないです。
しかし、感染流行地域からの不要不急の参加については、各自もう御一考いただきますよう、よろしくお願いします。

接触確認アプリの使用

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の活用をお願いします。
もし感染した場合の報告、感染者との濃厚接触の通知など、非常に有用なアプリです。

全来場者への検温の実施

スタッフ、出展者、一般来場者を問わず、全員の検温を行います。
スタッフは設営開始前、出展者は入場時、一般来場者は待機列形成前に測定をおこないます。
体温の測定は非接触型の体温計にて行い、37.5度以上を検出した場合、別室にて腋窩式体温計での再検をお願いします。
検温を拒否された方、37.5度以上の方は、入場をお断りさせていただきます。

マスク着用の徹底

スタッフ、出展者、一般来場者を問わず、マスクの着用を絶対の条件とさせていただきます。
マスクは、ご自身が輩出する飛沫を防ぐコトを目的とします。
サージカルマスク、布マスクなど、原則として種類は問いませんが、呼気ではなく吸気の防護を目的としてマスク(N95マスクなど)はご遠慮願います。
道中でマスクを汚染された方などにつきましては、受付にて水着素材布マスクを300円にて販売させていただきます。
マスク着用を拒否された方は、入場をお断りさせていただきます。

マスクは正しく着用をお願いします

鼻を出した着用に意味はありません。
会話をする時に外したら意味はありません。
咳やくしゃみの時に外したら意味はありません。

マウスシールド、フェイスガードの配布

鼻から下をカバーするマウスシールド、顔全体を覆うフェイスガードをご用意しました。
双方マスク着用により、飛沫感染は予防できていることになりますが、念のための更なる対策となります。
使用を希望される方は、出展者には無償で1人どちらか1枚ずつ、一般参加者には1枚100円にて配布させていただきます。
なお、数に限りがありますので、ご注意下さい。

手洗い、アルコール消毒の励行

会場内3カ所に、アルコール消毒用ジェルを設置します。
自由にお使いいただけますので、積極的なご利用をお願いします。

開場後の飲食禁止

開場時間中、会場内では原則飲食禁止とさせていただきます。
特に、お食事についてはご注意願います。
水分については、熱中症予防の観点もあるため、蓋付きの飲み物に限り容認しますが、一度会場外の広いところへ移動するなど、可能な限り会場内でマスクを外さないことをお願いします。
会場内にて水分補給する場合にも、壁側を向くなど、飛沫拡散の防止に最大限の注意をお願いします。

お土産販売をおこないます

静岡アナログゲーム祭りへと参加した方も、それ以外の観光まで行うことには大きな抵抗があるでしょう。
その為、会場出口付近にて、駄菓子類の販売ブース、お茶とお団子販売のブースを設置します。
静岡アナログゲーム祭りへの参加の記念として、お土産をお買い上げいただき、家に帰ってからも静岡をお楽しみ下さい。

運営スタッフ、会場職員からお声かけする場合があります

より適切に案全が守られるよう、静岡アナログゲーム祭り実行委員会の運営スタッフならびに、藤枝市文化センターの職員より、お声かけを行う場合があります。
その場合、スタッフならびに職員の指示にお従いください。

一般参加者

入場時間の遵守

過密を避けるため、チケット毎に入場時間が決められています、
入場時間15分以上前に会場へと訪れることは辞めてください。
早期に会場を訪れた場合、入場をお断りする場合があります。

会場内人数の制限

過密を避けるため、会場内の人数の制限をおこないます。
会場定員の半分以下にする他、混雑と判断した場合には、それ以上の制限を行う場合があります。
チケット記載時間に関わらず、会場内の人数が多い場合、入場をお待ちいただくことになりますので、ご了承ください。

入場待機列の作成

入場待ちが多数の場合、入場待機列の形成を小ホールにて行います。
スタッフの誘導に従い、入場列の形成をお願いします。

長時間滞在はご遠慮ください

ルールとして滞在時間を決めることはしていません。
これは、参加者それぞれの目的によって、必要とする時間がことなるためです。
なので、不必要な滞在はせず、目的を達したら会場からの離脱をお願いします。
購入物の撮影&SNSへの投稿などは帰宅後にお願いします。
他参加者との雑談は今回はご遠慮下さい。

出展者の方へ

昼食は開場までに、ブース内で

開場後の昼食は禁止とさせていただきます。
なお、昼食の際はブース内でのみ喫食し、その際も向かい合って食べないなど、各自での対策をお願いします。
これは、感染症予防の他、食中毒対策も兼ねていますので、厳守いただくようお願いします。

ゴミはビニール袋にいれて密閉

使い捨てのビニール手袋を棄てるためのビニール袋を配布します。
ビニール手袋は裏返しにして脱いでビニール袋へと棄て、最後は密閉して指定のゴミ袋へと棄てて下さい。

持ち込んだゴミについては、持ち帰りをお願いします。
弁当のゴミについては、配布するビニール袋へと密閉し、指定のゴミ袋へと棄てて下さい。

大きな変更点

  • ビニールカーテンが必須となりました。
  • 使い捨てのビニール手袋の使用が必須となりました。
  • 釣り銭用のトレイの使用が必須となりました。
  • ブース内からの接客が必須となりました。

直前の変更なり申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

運営サイドで用意刷るもの

  • ビニールカーテン
  • 使い捨てのビニール手袋
  • ゴミ袋
  • マウスシールド、フェイスガード

出展者側でご用意いただきたいもの

  • マスク
  • 釣り銭用のトレイ

更なる追加の対応を行う場合があります

より安心で、より安全なイベントとなるため、更に追加の対策を行う場合があります。
その場合も、当サイトにて告知させていただきます。

もし感染が発覚した時には

ご自身が感染した / ご自身が濃厚接触者であることが判明した

イベント終了後に、ご自身の感染、ご自身が濃厚接触者であること、が判明した場合、その事実を静岡アナログゲーム祭り実行委員会 までメール info@sagm.jp もしくはTwitterDM @shizuoka_agm へとご連絡ください。
Twitterリプライでのご連絡では早急な対応が取れない場合がありますのでご遠慮願います。
また、正式な告知は静岡アナログゲーム祭り実行委員会より行いますので、憶測とデマの原因となる各種発表もご遠慮願います。
早急かつ適切な告知・対応を行うため、まずはメールもしくはDMによる連絡をお願いします。

参加者の中に感染が確認された / 参加者の中に濃厚接触者がいた

静岡アナログゲーム祭り会場内では、最大限の感染対策を行っておりますが、これは感染を完全に防ぐことができるという保証ではありません。
また、既に他所で感染した方がそれと気づかずに静岡アナログゲーム祭りへと参加し、イベント終了後に感染が確認されることもあります。
更に、参加者がイベント外でも充分な注意を払っていたとしても、感染が確認された方と同じ時間同じ空間に居た場合、濃厚接触者として認定されることもあります。

このような事態が発覚した時には、市や保健所の指導の下、当サイトにて感染状況の告知を行いつつ、出展者の方には一斉メールで、一般参加の方にはパスマーケットのDM機能にて、一斉連絡をいたします。
その後の対応についても、市・保健所の指導の下、適切な情報共有、ご案内をいたします。

応援チケットの販売開始

参加しない勇気も大切ですが、参加者がいないとイベントを維持することもできません。
「参加はできないけど何か応援したい」というお問い合わせも多数いただいております。
次回元気よく第3回を開催できるよう、「第2回静岡アナログゲーム祭り  自宅で応援チケット」の販売を開始しました。
自宅で応援チケットは、入場券としてはご利用いただけませんが、このチケットによる売上は、第2回の感染対策ならびに、第3回の開催資金として活用させていただきます。