静岡アナログゲーム祭り 8月1日開催にあたって

第2回静岡アナログゲーム祭りの開催まであと数日となりました。
現時点では、第2回静岡アナログゲーム祭りは、予定通りの開催を行うべく準備を進めております。
開催にあたり、改めて重要な注意事項を告知させていただきます。
一読の上、それぞれ納得の上でご参加くださいますようお願いいたします。

開催に当たっての注意事項

少しでも体調の悪い方は参加しない

体調不良は、新型コロナウイルス感染の症状かもしれません。
新型コロナウイルスが原因ではない場合でも、体調不良は抵抗力を低下させ、感染リスクを増大させます。
少しでも体調の異変を感じた方は、参加を見送られるようお願いします。

参加に強い不安を感じる方は参加しない

様々な情報が溢れる中、どのように振る舞えばよいのか、悩んでしまっている方が散見されます。
どうしたらいいのか解らない、参加することが不安だ、感染することも、感染させることも、とにかく全てが不安でいてもたってもいられない。
そんな方は是非、イベントには参加せず、報道やSNSなどからも距離を置き、ご自身がデマや誹謗中傷の発信となることのないよう、ご自宅でゆっくりと休まれますようお願いします。

参加する方は万全の対策をする

感染の原因のほとんどが飛沫感染によるものだと言われています。
ご自身のマスク着用の徹底は勿論、マスクを付けていない相手には近寄らない、長時間の会話は避ける、手洗いの励行、適度な休憩など、他人を守り、ご自身を守るための行動をお願いします。
特に、「マスクをしているけど鼻が出ている」「接客時だけマスクをずらして大声で話す」「くしゃみ、咳の時にマスクを外す」など、対応しているつもりが全然意味がないという方が散見されますので、ご注意ください。

また、手指も原則汚染されているものと考え、定期的な手洗いを行い、また目・鼻・口には極力触れないように気をつけましょう。

換気の関係から会場内が高温となることも想定されています。
熱中症予防のための水分補給も必要となるでしょう。
その場合にも、飛沫を考慮し会場外で水分補給を行う、滞在時間そのものを短くするなどの対策をお願いします。

自分が、相手が、感染しているという前提で

「私は感染しているかもしれない」「相手は感染しているかもしれない」
このどちらの可能性も否定できません。
なので、「お互いに感染している」ということを前提とし、渡さない、貰わない、という心構えでの参加をお願いします。

 

東京都からお越しの方へ

7月28日現在、静岡県発表の新型コロナウイルス警戒レベルが4となりました。
これは、「不要不急の東京への移動、東京からの移動の回避を要請」に当たります。

参加を予定されている方については、不要不急に該当するかを今一度ご確認くださいますようお願いいたします。

 

感染症対策について

静岡アナログゲーム祭りでは、新型コロナウイルス感染対策として、下記の対策をおこないます。

  • 全参加者のマスクの着用
  • メイン会場内での原則飲食禁止
  • 換気の徹底
  • 手洗いの励行、アルコール消毒の実施
  • 参加者全員の検温の実施
  • 飛沫感染リスクを抑える会場ディスプレイ
  • 会場定員の半分以下を上限とした入場制限
  • 待機列を含めた密集対策、時間差入場の実施
  • 接触確認アプリ活用の励行
  • 全参加者への緊急連絡先の確認

また、対面で長時間接することになるゲーム会は感染リスクを大きく高めるものと判断しました。
そのため、今回は併設ゲーム会に類するものは開催いたしません。

 

もし感染が発覚した時には

ご自身が感染した / ご自身が濃厚接触者であることが判明した

イベント終了後に、ご自身の感染、ご自身が濃厚接触者であること、が判明した場合、その事実を静岡アナログゲーム祭り実行委員会 までメール info@sagm.jp もしくはTwitterDM @shizuoka_agm へとご連絡ください。
Twitterリプライでのご連絡では早急な対応が取れない場合がありますのでご遠慮願います。
また、正式な告知は静岡アナログゲーム祭り実行委員会より行いますので、憶測とデマの原因となる各種発表もご遠慮願います。
早急かつ適切な告知・対応を行うため、まずはメールもしくはDMによる連絡をお願いします。

参加者の中に感染が確認された / 参加者の中に濃厚接触者がいた

静岡アナログゲーム祭り会場内では、最大限の感染対策を行っておりますが、これは感染を完全に防ぐことができるという保証ではありません。
また、既に他所で感染した方がそれと気づかずに静岡アナログゲーム祭りへと参加し、イベント終了後に感染が確認されることもあります。
更に、参加者がイベント外でも充分な注意を払っていたとしても、感染が確認された方と同じ時間同じ空間に居た場合、濃厚接触者として認定されることもあります。

このような事態が発覚した時には、市や保健所の指導の下、当サイトにて感染状況の告知を行いつつ、出展者の方には一斉メールで、一般参加の方にはパスマーケットのDM機能にて、一斉連絡をいたします。
その後の対応についても、市・保健所の指導の下、適切な情報共有、ご案内をいたします。

 

適切な対応、適切な活動、を行って行くべく、関係各所と連携の上、運営を続けて参りますので、今後とも応援よろしくお願いします。