ジャパンジャンの遊び方

ジャパンジャン は、

都道府県カードなどを使う遊びです。

IMG_20190412_100428s-.jpg
これが都道府県カード!90枚以上あります。県庁所在地も書いてあってこれは勉強にもなるなぁ~。

ゲームでは、通常5枚のカードを手札として持ちます。

IMG_20190412_094156s-.jpg
丁寧に混ぜられているためかなりバラバラなカード。

ここで重要な用語、【セット】です。セットとは3枚組の都道府県カードで、つながっているような関係の3枚組です。

IMG_20190412_0949480s-.jpg
埼玉と群馬は隣です。群馬と新潟は隣です。このような、隣り合うことで連なっているような関係の3枚組をセットと言います。

ラウンドで勝つには、手札の中に2つのセット(計6枚)ができれば良いのです!

手番でできることは、まず冒頭に1枚引くことです。

引いてくるのは、
・山札の一番上 か
・他プレイヤーの捨て札のうち最近捨てられたもの
から選べます。

例えば、4人プレイで、Aさんが引いてこれるのは、
・山札の一番上
・Bさんの捨て札の中で一番最近捨てられたカード
・Cさんの捨て札の中で一番最近捨てられたカード
・Dさんの捨て札の中で一番最近捨てられたカード
この4枚のカードのうちいずれかです。

カード1枚を引いた時、手札は一時的に6枚になります。このとき、
【セットが2つになっている!】
のならばラウンドに勝利になります!

そうではない場合、つまり通常はいきなり上がれたりはしませんね。

このような場合……
IMG_20190412_094247s-.jpg
岐阜を引いたかぁ~。

6枚のうちいずれか1枚を捨て札にします。

まとめると、
手番冒頭カード1枚を引く
セット2つになったら上がれる(ラウンドで勝利する)!
そうはならなかったら1枚を捨て札にする

シンプル!お子さんでも遊べそう!(ついでに勉強にもなるよ!)

でもこのゲームは推奨年齢を敢えてちょっと高めに設定しています。それは(麻雀風ゲームなので)

手役

がいろいろある!のです。でもこの手役も麻雀と比べるとかなり分かりやすくしてある(つもりです)。

IMG_20190412_100134s-.jpg
これが得点チェックボード!と、得点チェックマーカー(黒キューブ)。

ラウンドで上がれた時、手札をじっくり見て、手役が成り立っているかどうかを上から順にチェックし、成り立ってるなら黒キューブを左に移すようにします。すると、駒のさらに左に点数が書いてあります。この点数を足せば得点が導き出せるのです!これはカンタン!

このゲームは、ただ単に揃えることばかりを狙っていると恐らく勝てないでしょう。手役によって得点が決まるのでどの役を狙うか、しっかり考えねばなりません。でもやることは、1枚引いて1枚捨てるだけ。

できるだけシンプルにしようという意図からリーチもなく、ポン・チーもなく、フリテンもない。楽しく遊んで、ついでにちょっと勉強にもなるジャパンジャン。麻雀になじみのある人だけでなく、多くの人に楽しめる作品です。ぜひ皆様も遊んでみてほしいと思います。

出展者プロフィール

ガーデンゲームズ
ガーデンゲームズ
ガーデンゲームズのゲームデザイナー。ブログ「ボードゲームランド」の管理人。自作のゲーム作りを頑張っています。

趣味はボードゲーム、カードゲーム、漫画鑑賞、音楽鑑賞。

一番好きなボードゲームはエル・グランデ。一番好きなカードゲームはニムト。一番好きな2人対戦ゲームはバトルライン。

樫尾忠英(Cacio)作品「アニマルマインド(旧題:正直者の罠)」が第1回SNEゲームコンテストで佳作、「高慢パティシエ(旧題:アドリア海の女王)」が第2回SNEゲームコンテストで佳作になりました。