転々と市のコンポーネント

ガーデンゲームズ作品、転々と市の用具についてご紹介します。アートワークはシキリト先生にお願いしました。

IMG_20191010_162733s-.jpg
このゲームの主なカード。数札とも言います。数値が得点です。

IMG_20191010_162811s-.jpg
茶器カード。数札の得点アップに有用なカードです。2枚持っていると2倍、3枚持っていると3倍と言う……。
でも1枚しか持ってないとなんらの役にも立たないカードなので固めて持ちたいです。
ポイントなのは、黒の数札用の茶器が存在しない!と言う点。黒の数札はそもそも数値が高いのでそれをさらにパワーアップさせる茶器はないのです。

IMG_20191010_162856s-.jpg
特別なカード。これら特殊カードはそれぞれ特別な役割があります。特にポイントとなるカードはやはりお市の方でしょう。場札と交換できるという……使える!

IMG_20191010_162943s-.jpg
獲得系カード。これを裏返すことで使用済みということが分かります。これらを使って(裏向けて)場札になるカードを獲得できます。枚数にとても限りがあるのでここぞというタイミングで使いたいですね。

出展者プロフィール

ガーデンゲームズ
ガーデンゲームズ
ガーデンゲームズのゲームデザイナー。ブログ「ボードゲームランド」の管理人。自作のゲーム作りを頑張っています。

趣味はボードゲーム、カードゲーム、漫画鑑賞、音楽鑑賞。

一番好きなボードゲームはエル・グランデ。一番好きなカードゲームはニムト。一番好きな2人対戦ゲームはバトルライン。

樫尾忠英(Cacio)作品「アニマルマインド(旧題:正直者の罠)」が第1回SNEゲームコンテストで佳作、「高慢パティシエ(旧題:アドリア海の女王)」が第2回SNEゲームコンテストで佳作になりました。