ジャパンジャン

ジャパンジャン
ゲームデザイン:樫尾忠英 アートワーク:たちばないさぎ(堀場工房)
2~6人用 12歳以上向け 所要時間 20~40分
イベント価格:4000円 ショップ価格:4500円

島根県と鳥取県はどっちが東?茨城県、栃木県、群馬県、海がないのはどこ?楽しく地理が学べるボードゲーム「ジャパンジャン」です。カードに県庁所在地まで書いてあります。遊んでるうちに自然に勉強になるでしょう。

カードを引き、要らないカードを捨てる。カードをそろえてラウンドに勝利しましょう。ゲーム終了時に最も高得点ならゲームに勝利するでしょう。

049_sheet_maps-.jpg
地図シート。全プレイヤーがこのシートを見ながら都道府県のつながりをチェックします。

201903101528説明書図1 - コピー
1枚1枚のカードに都道府県のどれかが描かれています。この図では福島県、群馬県、長野県の3つの県がそれぞれ描かれています。福島県・群馬県・長野県は連なっています。このような状態の3枚組のことを「セット」と呼びます。

プレイ中、通常は各プレイヤーの手札は5枚です。手番冒頭にカード1枚を引きます。これで手札が6枚になります。このとき、

手札で2セットできている!

という状態になれば上がり=ラウンドで勝利ということになります。

このゲームには、「太平洋」、「地方」、「サイコロボーナス」のような手役がいくつかあります。この手役が成り立つことでより高い得点を稼げるのです。単にセットを作ることだけを目指すのではなく、巧みな手作りがこのゲームの勝利には求められるでしょう。

しかしやることは、

カードを引いて、最も不要なカードを捨てる

このような極めてシンプルになっています。

麻雀になじみのある方ならすんなり楽しめます。しかし麻雀が苦手、もしくは麻雀未経験者でもスムーズに楽しめられる工夫があります。

麻雀に興味ある方、あるいは日本に住んでいる方には特におススメのボードゲームです。

 

出展者プロフィール

ガーデンゲームズ
ガーデンゲームズ
ガーデンゲームズのゲームデザイナー。ブログ「ボードゲームランド」の管理人。自作のゲーム作りを頑張っています。

趣味はボードゲーム、カードゲーム、漫画鑑賞、音楽鑑賞。

一番好きなボードゲームはエル・グランデ。一番好きなカードゲームはニムト。一番好きな2人対戦ゲームはバトルライン。

樫尾忠英(Cacio)作品「アニマルマインド(旧題:正直者の罠)」が第1回SNEゲームコンテストで佳作、「高慢パティシエ(旧題:アドリア海の女王)」が第2回SNEゲームコンテストで佳作になりました。